飲食店の仕事がキツイ。。辞めたい、、でもどうしたら?

飲食店の仕事がキツくて辞めたいと感じてませんか?

飲食店の職場には当たり外れがあります。場所によっては給料が安く、仕事が忙しいので、離職率が高い傾向があります。

飲食店の仕事が「きつい、辞めたい・・」と感じた場合はどのように行動するのがベストなのでしょうか?

飲食店の仕事には当たり外れがある!

飲食店の仕事は求人数が多く人気の職業です。

飲食店への就職を考える人は非常に多く、常に需要がある業界ですが、一方で問題となっているのが、離職率の高さです。

現在は、働き方改革を意識している企業が多々ある中で、なぜ、飲食店業界の離職率が高いのかと言いますと、一部の飲食店ではブラック企業のような働かせ方をしているのが現状です。

そういった職場では、「長時間労働」「安月給」「サービス残業」「休日出勤」が当たり前のように行われており、それが原因で離職者が増えてしまっています。

ブラック企業は年々減少していますが、やはり一部の企業ではこのような働き方を続けていますので、飲食店の求人には当たり外れが多く存在します。

現在の仕事がキツイと感じたら別の飲食店への転職を考えてみよう!

もし現在働いている飲食店での仕事が、「キツイ、辞めたい」と感じるなら無理をして続ける事よりも、別の飲食店への転職をオススメします。

飲食店の仕事自体が嫌になっているのであれば転職先のジャンルを変えるという選択肢が出来ます。

しかし、飲食業界で働くことが嫌でないなら、今まで学んできた「スキル」や「経験」や「技術」を生かすべきです。

飲食店で学んだ接客のスキルやマナー、経験は次の仕事でも十分活用できますし、違う職種に転職したとしても人と接する仕事が多いので経験したことは無駄にはなりません。

同じ業界の方が転職に有利!

当然ですが「飲食店⇒異業種」への転職よりも、「飲食店⇒飲食店」の転職の方が有利です。

飲食店で働いていた人であれば、「経験」「スキル」がある事は企業側も分かっていますので、未経験者よりも、即戦力になる「経験者」を積極的に採用するのは言うまでもありませんね。

「飲食店⇒異業種」への転職となると、飲食店で培った「経験」「スキル」は全く使えないことはありませんが、同職種からの転職よりは困難なのは当然です。特別やりたい仕事がないのなら、条件の良い飲食店への転職がオススメです。

飲食店を探すのにオススメしたい転職エージェントは「H Agent」!

飲食店への転職を考えるのであれば、H Agentがオススメです。H Agentは飲食業界の求人、派遣や転職を専門とし、年収500万円可能!ハイクラス飲食求人の転職エージェント。

飲食店に特化された求人を取り扱っており、幅広い飲食の仕事を見つける事ができ、「フレンチ」「イタリアン」「居酒屋」などの、ホールスタッフやマネージャー、調理スタッフなど職種も様々です。

さらに入社お祝い金(最大30万)/内定お祝い金(最大3万円)の両制度で求職者様の転職をバックアップしています!

無料登録するだけで、プロのアドバイザーが、求職者様との面談後、履歴書の添削、即日書類審査、給与交渉、内定後の懇親会などの対応してくれるので、求職者様にはスピーディーかつ不安のない転職活動の支援をしてくれます!

飲食関係専門のプロのアドバイザーが、転職に関するサポートを全面的に行ってくれますので安心です!

年収500万円も!ハイレベル飲食系求人専門の【H Agent】
【H Agentの詳細】

・ジャンル:飲食、フード、バー
・種類:転職エージェント

 

飲食店がつらい・辞めたいと感じる理由とは?

飲食店がつらい、辞めたいと感じる時はどんな時でしょう?

その理由についてもご紹介していきます。

忙しすぎる!

どんな仕事でも「忙しい時期」「忙しい時間帯」というのはありますが、飲食店はこれが顕著に現れます。

ランチ時間、ディナー時間は、集中的にたくさんのお客さんが来店し、仕事が忙しくなります。

お客さんの来店の連続、鳴り止まないオーダー、洗わなくてはいけない食器の山。

忙しすぎてうまく回らず「まだ料理が出てこない!」と一部のお客さんは怒ります。

従業員もイラつくので、忙しい時間帯は店内がギスギスし、イライラした雰囲気に包まれるので精神的にもストレスを感じることも。

特に繁盛店だと仕事が忙しくて、帰りが遅くなる事も多々あります。

10時~19時(交代制)などと勤務時間が設定されていても、仕事が忙しければ帰るに帰れずサービス残業したり、平気で何時間も残業させられてしまいます。

繁盛店の忙しさは尋常じゃありません。あまりの忙しさに、「飲食店の仕事が辛い、辞めたい・・」と感じてしまいます。

休みが少なすぎる!

一部の飲食店は休みが少ない事が問題視されています。

よく問題になっているのは、どことは言いませんが大手居酒屋チェーン店などがよく耳にしますね。

人材をちゃんと揃えれば、従業員はキチンと休む事ができるのですが、ブラック企業のような飲食店で働くと、利益拡大を図ろうと人件費の削減し、きちんとした人材確保がされておらず、少数の従業員に厳しい労働が課せられます。

もちろん職場によっては、しっかりと従業員が休みを取り易いように、必要な人材をちゃんと確保していますので、ストレスなく働くには、ちゃんと休みが確保されている飲食店を選ぶべきです。

給料が安い!

飲食店は給料の高低差が激しい世界です。

大きな飲食店に勤めたり、店長、マネージャーなど役職を貰えると給料は高くなります。

しかし、アルバイトや若手のホールスタッフなどですと、経験不足から戦力として加えられないことが多く、最初の給料は20万円以下と少ない場合が多いです。

飲食業で給料を上げたいのであれば、ちゃんと昇進の制度が整っている場所で働きましょう。

「役員」「幹部」「マネージャー」「店長」など、ちゃんと昇進できる環境であれば成長すると共に、給料は上がっていきます。

人間関係

飲食店では人間関係で仕事が嫌になる事があります。

例えば厳しい上司がいたり、苦手な同僚がいると、やはり働き辛く感じます。

接客業になるので、お客さんとのやり取りも大変です。自分が悪くないのにクレームを付けられたり、注意される事もしばしばありますし、飲食店で「上司」「部下」「お客さん」など、色々な人たちとコミュニケーションを取る必要があり、ストレスが溜まる事も多いです。

汚れ作業・力作業が多い

飲食店の仕事って、実は「汚れ作業」「力作業」などが意外と多い職場です。

厨房の掃除や残飯の後片付け、トイレの掃除などもあり、食べ物を扱う場所なので、ねずみやゴキブリが出る事もありますよね・・・

他にもお酒を提供している場所であれば、「お客さんが吐いた後の片付け」を行わなければなりません。

お酒や食べ物を運んだりテーブルを動かしたりもするので、力作業も多いですし体力も使う職場です。

辞めたい。。でも、辞められないその理由は?

飲食店だけでなくどの職業でも今の仕事を辞めたいけど辞められない。。

辞められない理由はなんですか?

・人材不足で自分が辞めるとみんなに迷惑がかかる。

・収入面がネックになっていて辞められない。

・転職先が決まらない。

など原因はさまざまあります。

もちろん飲食店でも辞めたいのに辞められない理由は同じようにあります。

しかし、辞めれないからといってただ我慢して働き続けることが自分に対してどんなメリットがあるでしょうか?

続けるデメリットと辞めるメリット!

キツく、辞めたいと感じている飲食店で我慢して続ける事は仕事にも現れて来ます。

例えば、気持ちに余裕がない事で作り笑顔になってしまったり、お客さんにちょっとした事で叱られたりした時にムッとしてしまったりする事でお客さんに迷惑をかけてしまうこともあります。

では、辞めた後の自分を想像してみてください。

新たな環境で気持ちよく楽しく笑顔で仕事をしている姿だったり、楽しい仲間と仲良くコミュニケーションをとったりしている自分が見えると無理して続ける事の意味を考え直しませんか?

飲食店を選ぶ時の注意点!

転職先を見極めれば、働きやすい飲食店が見つかるはずです。

では、一体どのように飲食店を選べば、働き易い職場が見つかるのでしょうか?続いては飲食店を選ぶ時や、転職の際の「注意点」をご紹介します。

必ず転職エージェントに相談する!

ブラックな飲食店に当たらないためには、必ず転職エージェントを利用する事です。転職エージェントは転職のプロがサポートを行ってくれます。

自分一人では分からない事も、転職エージェントのアドバイザーに相談すれば、何でも教えてもらえます。

「○○会社の求人は評判が良い」「○○店の求人は休みが少ない」など、プロ目線で飲食店の仕事を紹介してもらえますので転職者が自分で求人を探すと運任せになりますが、アドバイザーに聞けば事前に情報収拾できます。

ブラック企業に当たらないためにも、飲食店の仕事を探す時は、「飲食専門の転職エージェント」を利用する事をオススメします。

ネット上で口コミを調べる

大抵の情報はネット上に載っています。「○○カフェ 仕事 口コミ」「○○居酒屋 仕事 評判」などと検索をかければ、そのお店の情報が出てきます。

転職を考えている飲食店があるのであれば、必ずネットで情報が出ていないか調べてみましょう。口コミサイトも便利なのでオススメです。

お客として来店しておく

普通の企業であれば、「アポ」を取ってからでないと会社見学は出来ません。

しかし飲食店の場合は、お客として足を運べば、店内の状況がすぐに分かります。

●人手が足りているのか
●営業時間が長すぎないか
●従業員同士の関係性

こういった情報はお客として来店すれば確認できます。

ランチ時やディナー時など、お店が一番忙しい時に行くのがオススメです。

飲食がきつい、辞めたいのまとめ

今回は飲食店の仕事がきつい、辞めたいと感じる理由やその対処法をご紹介しました。

飲食から転職を考えるのであれば、基本的には同じ飲食業界への転職がオススメです。

スキルや経験があると、次の仕事も楽だし転職しやすいですので飲食業界には働き易い職場がたくさんあるので、是非検討してみて下さい。

どうしても飲食店を辞めたい場合は、別の職業に就く必要があるので、その場合は「総合型転職エージェント」を利用するといいでしょう。

転職する事を考え始めたらまずは「転職エージェント」に相談すれば、正しい解決策を教えてもらえます。

<料理の事や飲食店の事など意になることがあれば気軽にどうぞ!>

ABOUTこの記事をかいた人

岐阜県生まれの愛知県在住。 趣味はラーメン屋巡りとスノーボード 自分の肥満体型を見て情けなくなり 糖質制限ダイエットに目覚め奮闘中!!(現在72K→61Kまで減量成功) 和食の料理人をしてます! ナマケモノの自身が成功した糖質制限ダイエットの素晴らしさや料理のコツや基本を、たくさんの人に伝えたくてブログを始めました。