糖質制限でもお肉が食べたい!(焼き肉編)

糖質制限でも焼き肉が食べたい!

ステーキを食べて糖質制限ダイエットで糖質制限をしていてもお肉を食べる事が出来ることが分かりました。

他にも牛肉を使った料理で一番に思いつくのはみんな大好きな焼き肉ですよね。

焼肉は家族、カップル、飲み会、打ち上げなど様々なシーンで利用され、食べる機会もたくさんあると思います。

焼肉といえば、カルビ、タン、ハラミ、ホルモンなどどれも美味しいですよね!

炭の入った七輪で、自分の好みになるまで一枚一枚丁寧に焼き、ベストな焼き加減になったところで口に頬張った時の幸せ感はたまりませんね(笑)

これにキンキンに冷えたビールがあればもう箸が止まりませんね(笑)

焼肉を食べる時のススメ

焼肉を食べる時は次のことを注意しながら食べましょう。

(1)お肉の部位

部位によっては高カロリー!!

(2)焼肉のタレ

注文は「塩」で!!

(3)サラダ、スープなどのサイドメニュー

食べる順番に気をつけて!!

(4)飲み物

糖質制限でも飲めるアルコール!!

これらを気をつければ糖質制限をしていても心置きなく焼肉が楽しめます!

お肉の部位

部位によってカロリーや糖質が変わってくるので、そこを注意して食べれば糖質制限をしていても問題なく焼肉が楽しめます。

牛肉

100gの値。[ ]の中はカロリー、糖質量の順。

*危険レベル(☆☆☆〜☆☆☆☆)

◎カルビ [517kcal、0.1g]

*食べすぎると危険レベル(☆☆〜☆☆☆)

◎肩ロース [316kcal、0.2g]

◎タン [356kcal、0.2g]

◎ハラミ [301kcal、0.3g]

◎ギアラ [329kcal、0g]

ほどほどなら安心レベル(☆〜☆☆)

◎ハツ [142kcal、0.1g]

◎レバー [132kcal、3.7g]

◎マメ [131kcal、0.2g]

◎ミノ [182kcal、0g]

◎ハチノス [200kcal、0g]

◎センマイ [62kcal、0g]

◎コブクロ [106kcal、0g]

オリーブオイルをひとまわし様から引用

これらを見るとやはり、糖質量は低い数値で安心ですね。

しかし、焼き肉ではずせない、カルビのカロリーはとても高いですので要注意です。

どうしてもカルビが食べたい時は、塊になっている脂の部分を、ハサミなどで切り落とすことさえできれば、カロリーを減らすことが出来ます。

「タン塩」は以外とハイカロリー。

初めはタン塩を食べたいところですが、ほどほどにしておくのがいいでしょう。

ハラミよりもカロリーが高いですので気をつけましょう。

その他にも豚肉や鶏肉も糖質はかなり少ないです。

豚肉

◎ばら(脂身つき)[395kcal、0.1g]

◎もも(脂身つき)[183kcal、0.2g]

◎豚肉・ロース(脂身つき)[263kcal、0.2g]

◎豚肉・肩ロース(脂身つき)[253kcal、0.2g]

豚肉は糖質量も低く、カロリーも低いので牛肉よりも安心して食べれますね。

脂の部分をカットすればさらにカロリーを減らすことが出来きます。

鶏肉

◎鶏モモ(皮つき)[253kcal、0g]

◎鶏むね(皮つき)[244kcal、0g]

◎鶏レバー[111kcal、0.6g]

鶏肉は豚肉よりも更に糖質が低いため安心して食べれますね。

脂のある皮の部分に多くカロリーがあるのでとってしまえば更にカロリーを抑えることが出来ます。

焼肉のタレ

焼き肉を食べる場合に注意すべきことは、肉のつけダレです。

焼き肉のタレ(大さじ1)には作り方によりますが、 約30kcal~40kcalくらいあり、糖質も5~6gほどあります。

焼肉のタレには、砂糖、みりん、酒など糖質が多い調味料を使うことが多いです。

もう一つ注意して欲しいのが、注文する時は「塩」でしましょう。

せっかくつけダレを使わずに食べていても、注文の際に「タレ」や「味噌タレ」で頼んでしまうと味を馴染ませるために、たっぷりのタレにお肉を絡めて提供されることがあるのでそれでは意味がありませんよね。

つけダレに何度もつぎ足して食べていると、思っている以上につけダレを使ってしまいます。

塩だけでは味に飽きてしまう時は、レモンやわさびなどを使ったり、少量ならタレを使用していいので、途中に挟むなどしてタレを控えれば、味の変化も楽しめますし、より豪快にお肉を楽しめますね。

サラダ、スープなどのサイドメニュー

サイドメニューを利用して、バランスよく焼肉を食べるとベスト!

サイドメニューのおすすめとしては、キムチ、チョレギサラダ、サンチュ、ワカメスープです。

キムチにはカプサイシンが含まれているため、カプサイシンの効果でアドレナリンが分泌され、代謝がアップし脂肪を分解しやすくなります。

しかし、食べすぎると胃が荒れたり、下痢になったりするので注意を。

ドレッシング糖質よりもチョレギサラダの方が糖質も少なく、お肉との相性もいいです。

しかし、チョレギサラダは塩分が多いので食べ過ぎには注意です。

できれば、サンチェの方がなおドレッシングも何も使わずに、お肉と一緒に食べれるのでなおおすすめです。

わかめスープは焼肉店の定番スープです。

糖質も1食あたり1g以下と非常にダイエット向きです。

ただし、チョレギサラダ同様、わかめには塩分が比較的多いほうです。

他にも野菜スープなどもおすすめです。

クッパ、ビビンバ、シメのラーメンなどは厳禁です!

飲み物

焼肉といえば初めは、キンキンに冷えたビールで乾杯ですよね(笑)

熱々のお肉とビールは最高のペアですね!

しかし、ビール、日本酒、酎ハイ、果実酒には糖質が多く含まれています。

中でもビールには中ジョッキで12.6gの糖質があり、何杯もおかわりしてしまうとかなりの糖質を摂ることになってしまいますので注意を。

糖質の少ないお酒は蒸留酒と呼ばれるウイスキー、ブランデーや焼酎やワインなどがおすすめです。

まとめ

食べる順番もできれば気をつけたいところですね。

サラダやスープなどを先に食べたほうが食物繊維のおかげで満腹感も出ますし脂肪や糖質の吸収を緩やかにしてくれます。

お肉と一緒にサンチュを食べるとなおいいでしょう。

糖質制限をしていてもちょっとしたことを気にするだけで美味しい焼肉を楽しめますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

岐阜県生まれの愛知県在住。 趣味はラーメン屋巡りとスノーボード 自分の肥満体型を見て情けなくなり 糖質制限ダイエットに目覚め奮闘中!!(現在72K→61Kまで減量成功) 和食の料理人をしてます! ナマケモノの自身が成功した糖質制限ダイエットの素晴らしさや料理のコツや基本を、たくさんの人に伝えたくてブログを始めました。