始めよう!メタボ対策!

メタボ対策で健康的な体を!

日本人の約3割が該当するといわれているメタボ。

太った人だけが対象だと思われがちですが、痩せていても内臓脂肪の多い人、少しずつ増えている人、その要素から高血糖、脂質異常、高血圧が心配な人もなど隠れメタボも昨今では増えています。

早いうちからメタボ対策を始めて健康的な体を手に入れましょう。

メタボとは?

メタボ(メタボリックシンドローム)とは、内臓脂肪が溜まる内臓脂肪型肥満で、さらに中性脂肪やHDLコレステロール値(善玉コレステロール)、血圧、血糖値が2つ以上基準値を超えた状態を言います。

メタボを放置すると動脈硬化の危険度が上がります。

動脈硬化は日本人の死因のトップ3に入る心臓病や脳卒中のリスクを高めます。

特に脳卒中は寝たきりになる原因の第1位で全体の約37%を占めているので、メタボ対策をするのはとても重要なことです。

体型に注目しよう!お腹が出たら要注意!

メタボは内臓脂肪による肥満です。

体重が重たいことではなく、脂肪が溜まりすぎた状態の事を言います。

体重では肥満かどうかは判断できませんので、体に溜まった脂肪はわかりません。

メタボかどうかを判断するには、おへその周りで計る腹囲で内臓脂肪型肥満かどうかを判断します。

大事なのは体重よりも体型です。

男性で腹囲が85cm以上、女性で90cm以上を超えると内臓脂肪型肥満の疑いがあります。

メタボの疑いがある人は、中性脂肪やHDLコレステロール値(善玉コレステロール)、血圧、血糖値をチェックします。

それが基準値から外れるとメタボと診断されます(下表参照)。

【メタボリックシンドロームの診断基準】
おへそ周りの腹周
男性 85cm以上
女性 90cm以上
次の3項目のうち、いずれか2項目以上があてはまる場合
中性脂肪 150mg/dl以上 または HDLコレステロール 40mg/dl未満
収縮期(最大)血圧 130mmHg以上 または 拡張期(最小)血圧 85mmHg以上
血糖:空腹時血糖 110mg/dl以上  

出典:2005年、日本肥満学会、日本動脈硬化学会、日本糖尿病学会など8学会によるまとめ

40歳から74歳は特定健診・特定保健指導(いわゆるメタボ健診)で、それ以外はかかりつけ医を受診して診断を仰ぎましょう。

メタボの原因はエネルギー収支のアンバランスから!

メタボの原因は、食事からのエネルギー摂取が、運動などのエネルギー消費を上回るエネルギー収支のアンバランスが原因です。

この過剰摂取分が内臓脂肪として蓄積されるのです。

この他、睡眠不足、朝食の欠食、夕食偏重といったリズム障害も内臓脂肪型肥満を招くので注意が必要です。

たとえば、睡眠不足になると食欲が増し、食べ過ぎる恐れがあります。

また、朝食を抜くと1日の活動と休息のリズムを切り替えている体内時計のリセットがうまく行かなくなり、代謝が低い夜間と同じ状態で午前中を過ごしてしまうので、エネルギー収支がプラスにはたらきやすくなってしまい、眠るだけでエネルギー消費が少ないのに夕飯を食べ過ぎると、エネルギー摂取過剰となります。

なぜなら、内臓脂肪は夜つくられるからです。

メタボ対策には食生活と運動の両方が必要!

メタボなどの生活習慣病の60~70%は生活習慣の改善で防ぐことができます。

規則正しい時間、食事量などの食生活と運動(身体活動)という両面から行う事で防ぐことができます。

どちらか1つだけではメタボの予防は難しいです。

運動はスポーツのように激しいものだけを思われがちですが、日常生活における家事や労働、頭を使った活動などの身体活動でもエネルギー消費は高まります。

日頃から小さなことから気をつけることによってメタボ予防はできるので日常の生活の中に取り入れて健康的な日常を送りましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

岐阜県生まれの愛知県在住。 趣味はラーメン屋巡りとスノーボード 自分の肥満体型を見て情けなくなり 糖質制限ダイエットに目覚め奮闘中!!(現在72K→61Kまで減量成功) 和食の料理人をしてます! ナマケモノの自身が成功した糖質制限ダイエットの素晴らしさや料理のコツや基本を、たくさんの人に伝えたくてブログを始めました。