牛肉の部位の違いで使い分けで美味しい料理!

牛肉の部位によって、合う料理が違う

画像引用  生活協同組合連合会 コープ九州事業連合

ステーキといえば、ヒレやサーロインなどなんとなく知っていても、食感や味の特徴はなかなか言葉でなかなか説明するのは難しいですよね。

スーパーでも様々な種類の部位が売られており、切り方も様々で適した料理や調理法に悩む事もあります。

それぞれの部位の特徴や、おすすめの調理法をいくつか紹介したいと思います。

サーロイン

高級部位のひとつです。

きめが細かく柔らかく、上質なサシが入っています。

☆おすすめ料理方法☆
 ステーキ、しゃぶしゃぶ、焼肉

ヒレ

サーロインと並ぶ牛肉の高級部位。

とても柔らかく脂肪分や筋がほとんどないのが特徴で一頭から採れる量も少ない希少部位です。

☆おすすめ料理方法☆
 ステーキ、ローストビーフ、 ビーフカツ

肩ロース

脂肪分がバランスよく分散し、牛肉らしい美味しさがあり、幅広い料理に合います。

☆おすすめ料理方法☆
 しゃぶしゃぶ、すき焼き、焼肉

バラ

赤身と脂肪が層になっているのが特徴。

サシが入りやすいので、柔らかく脂の甘みも感じることができます。

☆おすすめ料理方法☆
 焼肉、すき焼き

モモ(内モモ、外モモ)

内モモと外モモの二種類あります。

内モモは、柔らかく脂肪分が少ない部位。

比べて外モモは、かためで比較的きめが粗いので、火を入れると味が締まり、焼く、湯がくなどの簡単な調理法では硬くなってしまうので、薄切りや角切りにして煮込み料理に向いています。

☆おすすめ料理方法☆
 内モモ:すき焼き、ローストビーフ
 外モモ:シチュー、ポトフ、スープ

ネック

首の部分にあるお肉。

脂肪分が少なく硬めですが、肉の味は濃厚でおいしくエキス分も豊富。

ひき肉や煮込み料理に最適です。

☆おすすめ料理方法☆
 煮込み料理、ポトフ、スープ、ひき肉

ミスジ

一頭から2Kしか取れない部位。

木の葉のような形をしていて、サシもありうま味もあります。

☆おすすめ料理方法☆
 しゃぶしゃぶ、すき焼き、焼肉

それ以外にも美味しい部位

ハラミやサガリ(横隔膜に当たる部位)で内臓の部類にはなりますが、焼肉、ステーキなどで美味しく食べられる部位やテールなどのゼラチン質が豊富な部位もあり、スープなどの煮込み料理でうま味が増す部位もあります。

内臓の部類では小腸(いわゆるホルモン)、大腸、センマイ、シンゾウ、レバーなども目にしますね。

まとめ

部位によっても味も食感も脂の付き方も違うので料理に合わせて使い分けることによって一層美味しく料理ができると思います。

牛一頭、余すことなくほぼ全ての部分が食べることが出来るので適した調理法さえ分かれば色々と楽しめます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

岐阜県生まれの愛知県在住。 趣味はラーメン屋巡りとスノーボード 自分の肥満体型を見て情けなくなり 糖質制限ダイエットに目覚め奮闘中!!(現在72K→61Kまで減量成功) 和食の料理人をしてます! ナマケモノの自身が成功した糖質制限ダイエットの素晴らしさや料理のコツや基本を、たくさんの人に伝えたくてブログを始めました。