ブラック飲食店に就職しない方法!

全ての飲食業界はブラックとは限らない!

飲食店でもきちんとした管理を行って、企業努力をされて運営している経営者さんはたくさんいます。

これから働こうとされている方はこちらをまずチェックしてみましょう。

働き方改革が始まり、飲食業界でも影響はしています。「ホワイト」と呼ばれる飲食企業では、

・福利厚生の充実

厚生年金、社会保険、住民税などの手続きを企業がしっかり行ってくれる。

・休憩や休暇がしっかり取れる

希望する休みが取れ、休憩時間がしっかり守られ、休日に急な呼び出しがない。

・法令遵守

近年コンプライアンスが重要視され、「基準以上の労働時間に対する超過分の25%アップ」が守られている。

・勤務管理の徹底

ある程度の店舗数の多いところでは、必ず勤怠管理がタイムカードもしくはパソコンで管理されている。

以上の点に注目し、面接時に確認する事ができる事ばかりですので、きちんと納得した上で入社する事をオススメします。

ブラックな飲食店とは?

 

これから就職や転職、アルバイトなどで飲食業界で働こうとしている人にっとてはブラックな飲食店を見分けるのは難しいでくよね。

飲食業界は一般的に「ブラック」と言われますが、実際にはもちろんブラックではない飲食店もたくさんありますし、すでに働いている人にとっても、自分が働いている飲食店がブラックかどうかはわかりにくいと思います。

飲食店のマイナスイメージというと

  • 拘束時間が長い(長時間労働、過剰残業)
  • 給料、残業代が滞納し、支払われない
  • 社員であるという理由でサービス残業がある
  • パワハラ、セクハラがある
  • 離職率が高い
  • 洗脳に近い研修がある

など飲食店で働くことに対してあまりいいイメージが持たれていないことが多いです。

実際に働いている人でも当てはまる点はありますか?

当てはまる方はブラックの可能性があるので注意が必要です。

これから働こうと考えている人にとっては、働いてみないと見えてこない部分もあり不安要素となりますね。

飲食業界の種類とは?

飲食業界と一口に言ってもたくさんの種類があります。

飲食店の形は様々あり、業種を一概に言えないことがあります。

  • 食堂,レストラン(専門料理店を除く)
  • 専門料理店
  • 日本料理店
  • 料亭
  • 中華料理店
  • ラーメン店
  • 焼肉店
  • その他の専門料理店
  • そば・うどん店
  • すし店
  • 酒場,ビヤホール
  • バー,キャバレー,ナイトクラブ
  • 喫茶店
  • その他の飲食店
  • ハンバーガー店
  • お好み焼・焼きそば・たこ焼店
  • 他に分類されない

飲食店総務省の統計項目になっている飲食店の業種一覧から

これだけ見てもたくさんの種類がありどれにするか迷ってしまい、どれがブラックなのかもわかりません。

どの分野でも従業員を大切にし、働きやすい環境を整えている企業はあります。

まとめ

これから働く方は募集内容をしっかりと確認して面接に行き、面接時は不安要素をしっかりと質問し、納得した上で入社しましょう。

現在働いている方はホワイトなのかブラックなのかを判断し、自身がなぜその飲食店で働きたいと思うのかという理由をしっかり考えてみる必要です。

例えば、働くお店の料理がとても素晴らしく技術を学びたい、接客が素晴らしいく見習いたい、働く環境がいいなど理由は様々なので自身にしっかりとメリットがある飲食店を選んでほしいです。

ABOUTこの記事をかいた人

岐阜県生まれの愛知県在住。 趣味はラーメン屋巡りとスノーボード 自分の肥満体型を見て情けなくなり 糖質制限ダイエットに目覚め奮闘中!!(現在72K→61Kまで減量成功) 和食の料理人をしてます! ナマケモノの自身が成功した糖質制限ダイエットの素晴らしさや料理のコツや基本を、たくさんの人に伝えたくてブログを始めました。